【不妊症治療の体験者が語る!】失敗しない不妊症治療を教えます

不妊症?


 

赤ちゃんができないという悩みは、意外に多いものです。
管理人も、赤ちゃんができないと悩んでいましたが、自分が「不妊症」とは考えたくありませんでした。

 

でも、一般に結婚を考える年齢で避妊せず、通常の夫婦生活を送っていれば、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。

 

 

このどれかに当たっていれば、不妊症の治療をオススメします。
どうしてかというと、「避妊やめたらできた」とか「避妊していないと、すぐ次の子ができて困る」というのが、自然なのだからです。

 

赤ちゃんが欲しいのに恵まれないという人は多く、夫婦の10組に1組が不妊症に悩んでいるといわれています。

 

「あ、二年たっていないから、大丈夫」って思われたあなた、安心したい気持ちはよくわかりますが、少しでも早く不妊症の治療を開始させることをオススメします。
だって、赤ちゃんを産める年齢には、かぎりがあるからです。

 

最近では、体外受精や顕微受精など高度医療を受けるのにも年齢制限が出来ました。

 

「まだ良いわ」と、安心している時間は無いのです。

 

不妊症って病気なの?

子どもができないのだけど・・・と悩んでいるカップルは、意外に多いです。

 

不妊症は病気でしょ?と言われることがあると思いますが、不妊症は病気ではありません。

 

不妊症という「症候群」なんです。

 

管理人が診察してもらっている婦人科の先生は、「症候群」というのは、ある症状の人たちことだよと教えてくれました。

 

中には卵巣の病気や子宮の病気などの方もいますが、その場合は病名が付くので「不妊症」という名称ではくくれないそうです。

 

つまり理由はどうあれ、子供できない人を「不妊症」といい、一般的には「避妊をせずに2年たっても子供ができなければ不妊症」と定義しています。

 

このように考えると、赤ちゃんの誕生は、意外に簡単ではないことがわかります。

 

不妊症の原因

不妊症の原因は、男性女性の双方に考えられ、しかも複雑に重なり合っていることもあります。

 

そのため、原因をつきとめるのに時間がかかり、苦労をともなうことも多いのですが、的確な治療を受けるためには、原因を調べることが必要です。

 

少し前まで、不妊症は女性側が原因と考えられていました。そのため、辛い思いをして女性も大勢います。

 

最近になって、男性に不妊の原因があることもわかってきましたので、不妊の原因は男女半々ぐらいの割合だといわれています。

 

ですから、不妊治療を始めようと思ったら、ご夫婦二人で行くことが大事です。

 

婦人科系の病院は圧倒的に女性が多く、男性は待合室に入りづらいかと思うますが、相談日を設けている病院もありますので、そういう場を利用するのも良いですね。

 

ここでは、不妊症の現状と主な原因や大事な病院選びについて、まとめてみました。

男性の不妊の原因

 

 

 

女性の不妊の原因

 

黄体機能不全 子宮内膜症 子宮筋腫
子宮頸管粘液不全 抗精子抗体 高プロラクチン血症
嚢胞性卵巣症候群 早発閉経 クラミジア